PS4

CHARACTER

ARX-7アーバレスト

ミスリルに所属する傭兵。階級は軍曹。コールサインはウルズ7。
左頬に十字の傷があり、8歳の頃からゲリラに参加していた。
人種的には日本人のようだが、紛争地帯を転々としており、ミスリルに所属する前は「カシム」と名乗っていた。(ミスリルの上官であるカリーニンや、傭兵としてゲリラに参加していたガウルンとは、この頃に出会っている)

トゥアハー・デ・ダナンではSRT(特別対応班)要員であり、戦闘のプロフェッショナル。特にASの操縦や銃器の扱いに長けており、SRTメンバーではマオやクルツとチームを組む機会が多い。

ARX-7アーバレスト

ミスリルに所属する傭兵。階級は軍曹。コールサインはウルズ6。
金髪碧眼の美青年。
超一流の天才スナイパーで、その狙撃の腕前は1キロ先のコインを撃ち抜く程。ASでの戦闘においても、その才能を存分に発揮する。
トゥアハー・デ・ダナンのSRT(特別対応班)要員であるが、傭兵となる前は14歳まで東京の江戸川に住んでおり、日本語も流暢。また、そのルックスを活かしファッション雑誌のモデルをしていたこともある。

しかし、軽口が多く女性と見れば口説きだすプレイボーイであり、かなめの護衛任務の際には、彼女と友人達をナンパし近づき宗介とマオに呆れられている。

ARX-7アーバレスト

ミスリルに所属する傭兵。階級は曹長。コールサインはウルズ2。
ショートヘアと雌豹のようなしなやかなスタイルが特徴な女性。
アメリカ海兵隊出身で、ASの操縦、挌闘、潜入、通信機器の操作など、あらゆる任務に精通しており、中でも電子戦のスペシャリスト。
工学の修士号をもっており、M9 ガーンズバックがミスリルに導入された際、仕様に関して彼女の意見が多数取り入れられている。
トゥアハー・デ・ダナンのSRT(特別対応班)要員で、宗介とクルツにとっては上官となる。

また、トゥアハー・デ・ダナンの艦長 テッサとはプライベートでも仲が良く、彼女からは私的な場ではメリッサと呼ばれている。

ARX-7アーバレスト

ミスリルに所属する傭兵。階級は中尉。
厳格な性格で、常に冷静沈着。マーシャルアーツを極めており武術を単なる格闘技としてではなく、戦士としての生き方として捉えている。
ASでの格闘戦においても、模擬戦ながら宗介を圧倒する程の実力の持ち主。搭乗ASはM9D ファルケ。

SRT(特別対応班)のチーム・リーダーとして、地中海戦隊から西太平洋戦隊へと転任。前任者のマッカランとは戦友であったが、宗介達を鍛え直すため着任早々、あえて故人の彼を罵倒し宗介達を挑発するなど、部下だけでなく自分にも厳しい。

ARX-7アーバレスト

陣代高校に通う女子高生。16歳。
性格は裏表が無く、世話好きで活発。「恋人にしたくないアイドルナンバー1」というありがたくない称号を持つが、男女を問わず信頼されている人気者。2年4組の学級委員であり、生徒会の副会長も務めている。

運動神経も抜群で、各運動部の試合が近づくと助っ人に駆り出されている。

転入生である宗介の奇妙な言動に振り回されたり、戸惑うこともあったりしたが、持ち前の面倒見の良さもあり、彼との距離はだんだんと近づいていった。

ARX-7アーバレスト

ミスリルのトゥアハー・デ・ダナン艦長。階級は大佐。
宗介やかなめと同い歳の16歳ではあるが、トゥアハー・デ・ダナンの艦長であり、ミスリル西太平洋戦隊の指揮官の座も兼ねる才女。
基本的には温和でおっとりとした性格であるが、自らの職務に対し強い誇りを持ち、戦闘の際は指揮官として毅然に振る舞い、天才的な戦術眼と冷静な判断力、意思の強さを備えている。そのため、マデューカスを始め部下達から絶大な信頼を寄せられている。

未知の科学技術「ブラックテクノロジー」を知る「ウィスパード」であり、デ・ダナンの改修案を設計したのも彼女。艦と搭載されているAI「ダーナ」を自らの子供のように慈しんでいる。

ARX-7アーバレスト

ミスリルのトゥアハー・デ・ダナン副長。階級は中佐。
気難しい表情に眼鏡と帽子がトレードマーク。

英国海軍潜水艦の艦長を務めた経歴を持つ軍人気質の人物で、規律を何よりも重んじる。

艦長のテッサの行動に意見する事もあるが、それは敬愛する彼女に常に立派な艦長であることを望んでいるためである。

ARX-7アーバレスト

ナムサクにあるAS闘技場の弱小チーム「クロスボウ」のオーナー兼整備士。
特別な教育を受けていないものの、尋常ではないASの知識を有している。

人望も厚く、彼女を慕ってチームに所属している人間も少なくない。

古びた初期型のサベージを自ら整備し、AS闘技場に参加し荒廃した村の復興と学校の再建するための資金を集めている。

ARX-7アーバレスト

ナムサクでAS闘技場を取材するルポライター。

街で絡まれていたところをナミに助けられたことが縁で、彼女のチームのスポンサーを務める事になる。

宗介の戦い方の事を指して「アート」と表現し、宗介の戦いの目的がただの金稼ぎではないことを見抜いた。

ARX-7アーバレスト

アマルガムの実行部隊員。
任務ならば非情な手段を平気でとるプロフェッショナル。

禁煙中でニンジンのスティックを煙草代わりにシガレットケースに入れ携帯している。

宗介とは浅からぬ因縁を持つことになり、ある意味で最大の敵とも言える。

ARX-7アーバレスト

ナムサクの警察署署長。
不当逮捕や証拠のねつ造、取調中の暴力など汚い手を使い闘技場の勝敗を裏で操っている。

ナミからは「冷血漢の悪党」と呼ばれており、その人柄は一般市民にまで伝わっている様子。

連勝を続ける宗介の事を快く思っていない。

ARX-7アーバレスト

ナムサクの闘技場で活躍するチーム『オーガ』のAS乗り。

相手チームの搭乗者に対しては、試合中には事故を装い殺害したり、試合外では仲間を差し向けて不戦勝を狙うなど、自分が勝つためなら手段を選ばない卑劣で残忍な性格。

街でレモンに絡んでいたところをナミに邪魔され、以後、彼女のことを執念深く付け狙う。

ARX-7アーバレスト

レナードの部下の一人。

高い実力を持つ武術家であり、どんな状況でも紳士的な振る舞いをする。

ASの操縦技術も高く、抵抗を続けるミスリルの残党の前に何度も立ちはだかる。

ARX-7アーバレスト

レナードの部下の一人で、殺害したアマルガムの幹部のコードネーム
「ミスタ・Sn(ティン)」を引き継いだ。

過去に「カスパーの部隊」と呼ばれる狙撃者集団を率いていた凄腕のスナイパーであり、神がかり的な射撃を成功させる、スナイパー特有の精神状態を「幽霊が降りた」と例えている。

クルツのかつての狙撃の師匠であるが、その才能を認めつつも「幽霊」を呼べなかった出来そこないと切り捨てている。

ARX-7アーバレスト

レナードの部下の一人。

黒いスーツに身を固めており、兵士としても有能だが側近としても有能な女性。
彼に対して忠誠を越えた好意を持っており、レナードが好意をよせるかなめに嫉妬心を抱いている。

敵ASの戦闘プログラムを戦場で改変し同士討ちさせる戦法を用るなど電子戦に長けており、抵抗を続けるミスリルの残党の前に立ちはだかる。

ARX-7アーバレスト

秘密組織アマルガムの幹部。
組織内でのコードネームは「ミスタ・Ag(シルバー)」。

テッサの双子の兄であり、同じく「ウィスパード」でもある。
知能のみならず身体能力も高く、さらにASの操縦技術も熟練兵をしのぐ腕を持つ。
柔和で紳士的な態度を取っているが、有無を言わさぬ強引さを併せ持ちその真意はとらえどころがない。
とある事件をきっかけに紳士的な態度は鳴りを潜め、己の目的のために積極的に行動を始める。